<<前のページ | 次のページ>>
2012年12月6日(木)
継続は大事にしよう

 ようやく・・・

 すみませんでした。ひっそりとカムバックいたしました。
コンピューターひとつしかないとそれが故障すると大変ですね。いままで自分の
コンピューターが壊れてしまう経験をしていなかったので、どれほど痛手を食うか
予想していなかったんです。

 一番痛かったのが、8年間続けてきたブログ日記を中断してしまったことです。
いままでの8年間の継続が途絶えてしまうということは、すごくもったいなかった
っということをそこまで考えれなかったですね。

 失ってから初めて感じてしまうことって意外なところにあるものです。
今日からゼロからの発進です。

 ちゅーことで、今日は朝夕4.5kmずつ、昼3km走りました。
なんとか一日10km以上走れるようになってきました。
明日は昼から仕事で外出です。朝だけですね。それでは、また。
                     

2012年11月25日(日)
フルマラソン日和

 お疲れ様でした。

 大阪マラソン、神戸マラソンが行われた日でしたね。
いい天気でよかったでしょう。少し熱いくらいだったかも。

 滋賀に帰っていたので一日大阪マラソンの様子が
テレビに出てましたね。関西地方ならではの番組でしょう。

 去年は神戸マラソンを走ったのが今では夢のよう。

 来年の館山マラソンまであと2か月。それまでに走れる
ようになるでしょうか。
 
 ちゅーことで、今日も6kmを2回走りました。3日連続で
10km以上走れたのは、自信につながります。

 明日は朝昼夕と分散ランです。それでは、また。

2012年11月24日(土)
ドライブで紅葉並木

 なんだかんだと・・・

 今日は奥さんとドライブ。高島市マキノになるメタセコイアの
並木を見に行きました、メタボ?マタセコ?

 一時絶滅種と言われていたのが1945年中国四川省で
発見され、日本にも種や苗木を植えられるようなったそうです。
セコイアは常緑樹ですが、このメタセコイアは落葉樹。日本紅葉
100選にも選ばれている並木道だそうです。

 見事です。写真をお見せできないのが残念!実は撮影後に
カメラを無くしてしまいました!レストランにおいてきたと思ったので
帰宅後電話したんですが・・・。

 まーそんな高価なカメラじゃないんで落ち込まない落ち込まない。

 そのレストランでは琵琶湖マスバーガーを食べました。普通です。
マックのフィッシュバーガーに似せた味なので特殊性に欠けたのが
残念ですね。マヨネーズとチーズの味が強くてマスの味を生かせ
てないのがねー。

 このバーガーの写真を撮った時に置いたカメラを持ち帰らなかっ
たんですね。トホホ。

 でもいいんだ、怪我したわけじゃないし。

カメラありました。^^:

 ちゅーことで、今日も朝、夕と6kmずつ走れました。いいですね。
明日も走ります。それでは、また。

2012年11月23日(金)
普通のイタリアンかな

 またイタリアンです。

 奥さんが前から気になっていた南草津のマンション近くにある
イタリアンに行ってきました。

 もちろん、ランチ。行ってみると圧倒されました。なんでっていて
奥さん連中が10人以上で女子会の真っ盛り。その奥のテーブル
では、大奥様達の女子???会です。男性客は自分だけ・・・。^^;

 なんちゅ−か、これだけで満腹です。

 お昼のコースは前菜と選べるパスタorりゾットと3種のドルチェと
飲み物。これで1750円ですが、クーポン有で1600円。

 まずは前菜。かぼちゃとさつまいものパイと蒸鶏肉のバジルと
オリーブオイル漬け、野菜をトーストに乗せたものが出てきました。
かぼちゃのパイにかけられた茶色のソースはバルサミコ酢で、この
酸味がかぼちゃとサツマイモの甘さとうまく調和していました。

 パスタはトマト味とパンチェッタ(塩漬け豚)がうまく調和していま
したね。特にパンチェッタは家庭では味わえない豚肉。ハムでもなく
生肉でもない豚肉に肉汁が感じられました。

 ドルチェは右から紅茶のアイス、フランベしたキャラベル、ロール
ケーキです。キャラメルはフランベしているので香ばしくおいしかっ
たです。あとは普通のデザートですね。

 総じていうと値段なりです。特別感激はないけど、おいしくない
わけでもない。1600円という値段は微妙に女子を引き付ける価格帯
なので、こんなに女子で埋め尽くされるのでしょう。

 決して安い値段じゃないですけど、女子はお金あるってこと?
でもおじさんの飲み代に比べれば安いものか?

 ちゅーことで、今日は朝に6km、夕方に6km走りました。最近、
続けて走る時間を1分から40秒に縮めてその代わり4分おきに走るのを
2分おきにしてから、長い時間、距離を走り続けてもダメージが少ないことに
気が付いたのです。

 あしたもこんな風に走ろうと思います。それでは、また。